小・中学校再編と市道整備で議論します【一般質問】

気仙沼市議会の6月定例会が始まりました。

注目している議案は、水道料金の値上げ、大島中学校と鹿折中学校の統合、旧小泉中学校と旧馬籠小学校の企業への貸付、そしてNHKの朝ドラ「おかえりもね」に関する予算などです。

提出される議案の概要は市のHPで確認できます。詳しくは今後報告します。

一般質問は小・中学校の再編、市道整備を取り上げます。

小・中学校の再編は、現在の計画が令和3年度までですので、新しい計画づくりの必要性、今後の施設整備への影響などについて議論します。

市道整備は間もなく策定する市道整備5カ年計画と既存事業の関係について質問します。今のところ、23日(水)午後2時すぎの登壇を見込んでいます。

通告内容は下記の通りです。

質問の要旨 表題 具体的内容
1.新たな小・中学校再編計画について

 

義務教育環境整備計画は平成24年度から令和3年度までの10年計画として策定されました。計画の最終年度ですが、残る7組のうち6組は合意形成の見通しが立たないままですので、今後の対応など4点について質問します

 

① 第三段階の対象校となる階上中や条南中の保護者説明会では、次の統合も視野に入れたとも捉えられる説明内容となりました。こうなると、次の統合が気になって第三段階の話し合いが進めにくくなります。この際、第三段階の残された計画を引き継ぐ形で、新たな計画づくりに取り組む考えはありませんか

 

② 複式学級の解消など理解が得られやすい統合から、学校規模の適正化を目指す統合へと移行していく中で、これまでのような進め方で結論を出すことは困難になっています。説明の対象人数が多くなると、特に統合のメリットとデメリットをより具体的に共有することが合意形成のために大切となります。復興事業では、話を戻さないための議事録づくり、話し合いを進めるための代表者による会議体の設置、第三者の協力などの教訓を学びました。プロパーの担当職員の配置も必要です。今後の話し合いの進め方について、課題と対策を伺います

 

③ 急激に少子化が進む中、小・中学校再編と併行して新たな教育環境づくりが求められます。統合が決まってから取り組んできた学校行事や授業の連携を、統合に関わらず進めたり、複式学級解消や35人学級実現のために市独自に教員を配置したりする考えはありませんか。部活動の在り方についての検討状況と合わせて説明してください

 

④ 小・中学校の施設改修について、長寿命化計画では「第三段階の統合が見極められた段階で、新統合計画の検討に入ることになるが、その進行に合わせて改修計画を具体化した見直し版を作成する」と説明しました。「必要確実な施設」は状況に応じて検討するという説明もありました。震災後に学校施設は新しくしていません。さらにしばらく施設改修を行わないという方針だと感じましたが、その真意について伺います

2.市民に分かりやすい市道整備の進め方について

 

 

復興期から通常期へと移行するにあたり、市民の関心が高い市道整備について整理する必要があります。復興事業と思われていた市道整備でも、財源が確保できていない事業が浮き彫りとなったからです。現在策定中の市道整備5カ年計画への影響など、次の4点について説明を求めます

 

① 社会資本整備総合交付金で整備している市道のうち、市作成の「復旧・復興事業に係る全体図」に掲載したものの、未完成である萱原ノ沢線、小鯖鮪立線、明戸瀬向線、田中赤貝線、港岩井崎線について、その総事業費に対する予算確保の状況、それぞれの完成予定年度を示してください。また、事業を進めるに当たっての課題も説明してください

 

② 令和3年度から5カ年の市道整備計画について、2月定例会では「5月のパブコメ、6月の策定を目指す」と答弁しました。遅れている理由と今後の見通しを説明してください。また、地区ごとに決めた優先順位に基づく加点について、地区割りの考え方について説明してください

 

③ 現在進行中の事業は「市道整備計画とは別枠で優先させる」と、2月定例会で答弁しましたが、残された事業の規模が大きく、財源の確保が心配されます。市道整備計画の予算規模は「震災前の年間3~4億円レベル」と説明がありましたが、現在進行中の事業の財源は別枠で確保するということでしょうか。現在進行中の事業と市道整備計画の整理方法について、あらためて市の考えを伺います

 

④ 進行中の事業、これから策定する市道整備計画、そして令和3年度から10年間に実施する道路事業をまとめた宮城県道路整備プログラムを網羅する形で、市内の道路整備の計画と工事状況について、最新の情報を市民に分かりやすく伝える仕組みが必要です。情報発信について市の考えを伺います

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*