復興支援シンポジウムの資料を公表します

日本建築学会住まい・まちづくり支援会議の復興シンポジウム「津波防災のリスクと復興まちづくりの空間像」が7月6日、気仙沼市で開かれました。そのときお話しした資料を公表します。

このシンポジウムでは、防潮堤、災害危険区域、住宅再建などとともに、津波だけでなく、土砂災害や洪水のリスクとどう向き合うかについて情報提供しました。ご出席された皆さん、出席できなかった皆さん向けに資料をアップしますので、不明な点がありましたら遠慮なくお問い合わせください。

※PDFファイルは容量が大きいので、JPEGで掲載します。


 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*