昨年度の出生状況から学校別の児童数を推計【気仙沼市】

気仙沼市教育委員会は毎年この時期、最新の住民登録状況から各小・中学校の児童・生徒数の推計をまとめています。

【2017年度生まれ。小学校15校のうち13校は1クラス】

昨年度生まれた314人の学区別の内訳が分かるデータです。最多は気仙沼小学区の48人、最少は水梨小学区の2人でした。

引っ越し、入学する学校の変更もあるため、流動的なデータですが、15小学校のうち1学年2クラスになるのは気仙沼と面瀬だけです。

気仙沼市教育委員会が策定した義務教育環境整備計画(2016年5月見直し)では、小学校は来年4月に月立を新城に、水梨を松岩に統合する計画ですが、地域の合意はまだ得られていません。

2021年度を目途には中井を唐桑に、大島を鹿折に、小泉を津谷に統合する計画もあります。中学校も2021年度を目途に大島を鹿折に、条南を気仙沼に、大谷を階上に統合する計画が示されています。

※市教委がまとめた小・中学生の推移予測は下表の通りです。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*