ふるさと納税の薦め

確定申告が近づく年末になると、ふるさと納税が話題になります。なんとなく、お金に余裕のある人の寄付というイメージがありましたが、いろいろ調べてみるとビックリ!!ずいぶんとお礼品が充実していて、この制度を活用しないともったいないと思いました。皆さんも気仙沼に寄付をして、フカヒレをもらいましょう。

ふるさと納税は、都市部に人口が集中する中、出身地などへの寄付を推進する制度です。寄付した分は、居住地での税金が軽減されます。しかも、寄付のお礼として各地の特産品がもらえます。寄付に対する特産品の額は自治体によって異なりますが、1万円に対して5000円相当の特産品が多いようです。

この制度のすごいところは寄付した額よりも、税金の割引とお礼の特産品の合計額の方を多くすることができるということです。例えば、東京に住む人が気仙沼市に1万円の寄付をすると、所得税と住民税が計8000円安くなったうえに、5000円相当(送料込み)の特産品がもらえます。寄付したことを確定申告する手間はありますが、いまは申告もずいぶん楽になったようです。

これが1万円の寄付のお礼にもらえる一番人気のフカヒレセットです。フカヒレ姿煮、ウニとカニも入ったフカヒレスープ、フカヒレラーメン2食分が入っています。

55

二番人気のサンマセットもなかなかの内容です。寄付者全員にほやボーヤグッズも贈られます。

66

注意が必要なのは、寄付の金額です。この制度で控除の対象となるのは、個人住民税の1割程度というルールがあります。年収や世帯構成によって異なりますが、扶養者がいなければ年収300万円で1万2000円、500万円なら3万円程度までの寄付なら、2000円の負担で特産品がもらえる計算になります。源泉徴収票か住民税の税額決定通知書があれば自分で計算できます。

コピー000254927

気仙沼市への寄付額は、震災後に増えていて、25年度は宮城県内で一番でした。100万円寄付してくれた人も7人もいました。とはいえ、寄付4700万円のうち1200万円がお礼の特産品代となりまです。気仙沼出身の方、気仙沼を応援しようと思ってくれる方、そして節約したうえで日本一の産地のフカヒレを食べたいという方、気仙沼へのふるさと納税をお願いします。
詳しくは気仙沼市ホームページをご覧ください。

気仙沼市のふるさと納税額

ちなみに、気仙沼市民は気仙沼市に寄付しても、特産品はもらえません。それは、寄付することによって住民税が減ってしまうからです。気仙沼市民がほかの市町村にふるさと納税しても、気仙沼の住民税が減ってしまうという問題もあります。

ふるさと納税の特産品は、市町村の競争が激化していて、還元率が高くなっています。寄付額の7割近くを特産品で返している町もあります。しかし、特産品の代わりに地元のホテルの宿泊券や公共施設の入場券を贈り、観光客獲得を目指している町もあり、地域活性化への効果はアイデアしだいのようです。
気仙沼市も高額寄付者へのお礼(いまのところ1万円以上の寄付はみんな同じお礼品)、地元へ呼び込む方法、人気のインターネット決済などを検討しています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*