【気仙沼市出生数】このままだと年間200人割れも

新型コロナの影響でしょうか、気仙沼市の出生数の減少が目立っています。

2021年の上半期(1~6月)は106人(出生届出数)で、前年同期の78%にとどまっています。

2018年に年間出生数が300人を切りましたが、このペースだと今年は200人割れの可能性も出てきました。

少子化の原因は、全国的な課題となっている結婚や出産の高年齢化、そして気仙沼では深刻な若者の流出です(詳しくは今年1月のブログで分析)。

分母となる親世代そのものが減少しているため、出生率を高めても出生数は減り続けてしまうのです。新型コロナの影響も出始めています。

少子化対策に力を入れる一方で、将来の人口減少に備えた現実的な対応を考えていきたいです。

 

1 Comment

  1. Mr.Peki-chan

    中学の南北2校化を見据えるべきです、少なくとも気中・新中・松中の現地存続はありえず、逆にその3校の何れかを存続させるのであれば1校化になってしまいます。

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*