気仙沼復興レポート036「震災遺構の役割」

毎月11日に発表している気仙沼復興レポートの第36弾は、旧気仙沼向洋高校を保存公開する震災遺構について、これまでの動きをまとめました。最近は保存範囲の拡大で注目されていますが、「悲劇を二度繰り返さないために」にもっと大きなビジョンが必要です。印刷用PDFデータはこちら⇒復興レポート㊱震災遺構の役割

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*