気仙沼復興レポート018「仮設住宅の集約化計画」

毎月11日に発表している気仙沼復興レポート。第18弾は、復興の仕上げに向けて浮上している「仮設住宅の集約化計画」を取り上げます。
気仙沼市では二度の集約計画見直しを余儀なくされましたが、早い団地だと28年9月に解体撤去のための転居が求められます。校庭開放は震災7年後の30年4月まで先延ばしになりました。なぜ、仮設住宅の集約は難しいのでしょうか。その教訓を探るため、この4カ月間を記録しました。
レポートのPDFデータはこちらです復興レポート⑱仮設住宅の集約

復興レポート⑱仮設住宅の集約_page001

復興レポート⑱仮設住宅の集約_page002

復興レポート⑱仮設住宅の集約_page003

復興レポート⑱仮設住宅の集約_page004

復興レポート⑱仮設住宅の集約_page005

復興レポート⑱仮設住宅の集約_page006

復興レポート⑱仮設住宅の集約_page007

復興レポート⑱仮設住宅の集約_page008

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*