基幹農道を拡幅します【面瀬川からアーバン付近】

気仙沼市の市道整備情報です。今回は田中赤貝線(基幹農道)の拡幅計画です。

【650㍍区間を2車線化】

拡幅するのは面瀬川~アーバン~台ノ沢長平線入り口までの650m区間です。幅員3mの車線×2、幅2.5mの片側歩道とします。市道の上に架かる水路橋も道路拡幅に合わせて造り替えます。

  【地域の意見で計画変更も】

地域の意見を反映し、歩道の位置を山側から海側へ変更したほか、面瀬橋の計画高さを2m下げました。

計画高を下げたことで、市道面瀬川線の高さも下がり、必要な用地幅は28mから18mへと縮小しました。さらに、面瀬川線に計画していた右折レーンもなくしました。

これから用地調査、買収を進め、来年度はじめの着工、2020年度内の完成を目指します。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*