台ノ沢長平線は歩道整備【市道改良情報】

気仙沼市の市道整備情報です。今回は、7月30日に説明会が行われた台ノ沢長平線を紹介します。

【国道から基幹農道への避難道】

この市道は面瀬地区の国道45号から基幹農道へ抜ける生活道です。もともと狭く、津波からの避難路として拡幅が期待されていました。

復興予算で避難路の拡幅は認められていないので、通学路の歩道整備で予算を獲得しました。このため、幅5mほどの車道を広げるのではなく、新たに幅2.5mの歩道を整備する事業となります。

【800㍍区間に歩道新設。待避所も4カ所】

整備区間は国道から面瀬中学校付近までの800mです。歩道と車道の障壁をなくし、実質的に車道を広げる構想もありましたが、実現しませんでした。その代わりに、車がすれ違うための待避所を4カ所用意します。45号から30mほどの区間は2車線を確保します。

歩道は南側(葦の芽星谷幼稚園側)に整備します。北側の水路を移設することで、車道5mを確保します。

これから用地取得を進め、9月以降に工事着手し、2019年度内の完成を目指します。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*