赤田橋を架け替えます【萱原ノ沢線の改良工事】

気仙沼市議会の準備と後片付けで遅くなりましたが、平成29年11月30日に開かれた萱原ノ沢線改良工事説明会の報告です。面瀬川から面瀬中学校までの市道を広くする工事で、赤田橋の架け替えも行います。

【赤田橋~面瀬中までを1.7倍に拡幅】

改良するのは面瀬治療院跡地付近にある赤田橋から面瀬中学校前交差点までの700m間。現在は幅5.5mで歩道はありませんが、9.5mの二車線に拡幅し、このうち2.5mは片側歩道になります。

赤田橋は現在の場所で架け替えます。路面の高さは三陸道のボックス内の市道の高さと合わせます。面瀬小学校に行くための変則交差点は十字路に改良し、面瀬中学校前の交差点は市道を田んぼ側に移して十字路にします。これで坂のSカーブも解消されます。

【事業費3億円。平成32年度完成を目指す】

今後、詳細設計を基に土地の境界などを確認し、用地買収を進め、平成30年度の中ごろから工事に着手する予定です。完成は32年度末を目標としています。事業費は約3億円で、6割は国の防災・安全社会資本整備交付金を充てます。接続する市道面瀬川線の拡幅工事も32年度完成を目指して進められます。

【工事中は赤田橋渡れず】

なお、赤田橋の架け替え期間中(30年度後半~32年度末)は橋を渡れません。車は迂回してもらうしかありませんが、通学路になっているため、歩行者用の仮橋設置は検討しています。

※図面の上は赤田橋側、下は面瀬中学校側の計画平面図です。用地買収などによって変更になる可能性があります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*