一般質問を通告しました

気仙沼市議会9月定例会で、2回目の一般質問を行います。前回の反省点を踏まえ、提案型の質問を増やしました。
本日通告した質問は5項目です。最初に、前回の質問で前向きな回答があった民間事業者への津波避難施設整備補助についてその後の対応を確認します。質問して終わりではなく、成果につなげるために前回の「振り返り」から始めてみます。
2点目は、復興事業の本格化に伴う交通安全対策です。交通量のピークを質問したうえで、震災廃棄物処理のように地区ごと交通安全連絡会設置を提言します。この連絡会で縦割りで分かれている復旧・復興事業の情報を一本化し、住民が安全対策について意見できる場にもします。大型車両の通行量増加によって破損が目立つ道路の維持管理方法についても市の取り組みを確認します。
3点目は、鉄路とBRTなど政治決断が必要な事柄について、その判断材料とタイミングについて市長の見解を問います。膠着状態にある事業を打開するための意欲を確認するとともに、実現不可能と判断する場合の民意反映について議論する予定です。
4点目は、復興の「見える化」です。ホームページと広報紙に偏っている情報発信の姿勢を問い、公民館や中学校などへの復興情報資料の掲示を提案します。避難道整備の情報発信も質問します。
最後に、全国の自治体へ派遣を依頼している応援職員について、これから確保が難しくなる心配があるので、対策を提案します。
登壇は29日午前10時からの予定です。結果は後日報告します。
今川悟の一般質問通告書(2014.9)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*