公共施設の在り方を議論します【一般質問を通告】

気仙沼市議会9月定例会に一般質問を通告しましたので報告します。登壇は17日午後1時の見込みです。通告内容はこちら⇒今川悟の一般質問通告書(2015.9)

当選後5回目の質問です。まずは前回までの質問に対する市の対応を確認します。多くの犠牲者を出した震災の検証、復興情報の発信について約束通り取り組んでいるか確認します。

■神山川の桜並木伐採、公共施設管理計画を議論

新しい質問は2点です。宮城県が計画している神山川の堤防工事に伴い、桜並木が伐採されることを残念がる市民が多いことから、その対応について質問します。堤防工事は発注済みのため、失われた市民の憩いの場を周辺に確保することを提案します。現地で実施したアンケート結果から見えた課題も指摘します。

もう1点は、公共施設の管理計画です。人口減少が進み市財政が厳しくなる一方、公共施設は老朽化が進み、維持管理や建て替え費用が今後の大きな課題になります。そこで国は公共施設の総合管理計画策定を地方自治体に求めていますので、気仙沼市の対応を質問します。この計画で将来的な財政負担、再編の方針などを示すことになりますが、急がないと、復興事業で整備する公共施設に反映されなくなる心配があります。全国に好事例がありますので、より充実した計画になるように議論したいです。

■インターンの学生がアンケートに協力

神山川の桜並木伐採に関するアンケートは、議員インターンとして研修中の大学生が手伝ってくれました。私の議員活動に2週間同行しています。

IMG_3071

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*