第9次の復興交付金申請

気仙沼市が第9次の復興交付金を申請しました。
今回は事業費ベースで190億円です。
新規では、気仙沼向洋高校を中心とした震災遺構保存の調査(5200万円)、そして尾崎地区と南気仙沼地区の都市公園事業の調査(1億2200万円)などが盛り込まれました。
震災遺構は、向洋高校の周辺を含めて事業の内容と費用を調査します。
都市公園事業は、尾崎、南気仙沼とも「防災公園」として申請しました。これは、津波から一次避難するための丘を造成する内容です。やはり、当初計画していた防災緑地、グラウンドゾーンとしての採択は条件や制度が厳しく、とりあえず防災の丘を整備し、周辺整備を検討していくことになりそうです。
特に尾崎地区は、予定していた全エリアを買い上げることは困難な状況です。
1カ月程度で復興庁から申請への回答が出ます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*