「感謝の気持ちを行動で」。新成人の誓い

気仙沼市の成人式に来賓出席してきました。
新成人776人のうち658人が参加し、小原木地区の愛田真太郎君と柏亜沙美さんが「感謝の気持ちを行動であらわしたい。気仙沼の復興と未来を支えるのは私たち」などと代表の言葉を述べました。

IMG_1371
菅原市長は、特攻隊員の遺書を例にして「覚悟と感謝」について、さらに「楽な道よりも困難な道を選択すれば後悔しない」「能力や才能だけでなく、好きなことに打ち込む姿勢が社会では評価される」とはなむけの言葉を贈りました。
今年の新成人は、高校1年の年度末に東日本大震災に遭いました。当たり前だった高校生活が一変し、気仙沼向洋高校のように別な高校の校舎に分散して間借りした経験もあります。夢や進路にも大きく影響したことでしょう。
「気持ちを行動であらわす」
彼らが誓った言葉を、ふるさとに残った私たちが同じ大人として一緒に実現してあげたいです。
新成人の皆さん、おめでとうこざいます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*