【質問】仮設住宅の空き室を貸して

(2015年2月の質問と回答です)

【質問➀】4月より気仙沼に就職予定の県外者ですが、本日2月27日に実際に気仙沼市に問い合わせてみたところ、ハッキリと「Uターン者への仮設住宅提供は行っておりません」と断られました。 その後こちらのHPを紹介し、もう一度打診してみましたが、現在も入居者待ちの状況が続いているため、目的外使用については認めていない、とのお答えをハッキリと頂きました。

食い違いが起こっているようですが、実際の所はどうなっているのでしょう
どちらにしても、もう就業予定日までそう時間は無いため私の方は不動産屋で順番待ちをするしかなさそうではありますが…。

【質問➁】気仙沼へ就職したものの、物件がなかなか見つからず、1年半前からドラックで混雑する道を2時間を小さな娘と通勤し、今年度、娘の幼稚園をやっと気仙沼の保育所に預けることが出来たのに、いまだ住まいがない状態です。この記事をみつけ希望があるかと思いましたが、現状は・・申込もできないのですね。どんな理由にしろ気仙沼で働きたいと来てるものに対しても臨機応変な対応がもっと必要なのではないかと思います。

【回答➀】Uターン者への貸し出しは宮城県が認めても、気仙沼市は消極的です。一番の理由は、仮設住宅に入居する被災者の皆さんへの配慮です。災害公営住宅や集団移転が進むない中、コミュニティーへの影響を心配しています。
市役所自体が多忙で受け入れ態勢を整えられないこと、利用者のニーズが把握できていないことも理由です。「入居待ちが続いている」とはいっても、現在の空き室を希望する人はいないから待機しているのですが、そうした人たちへも配慮しています。
そうした中でマグロ漁船の新人に貸し出したのは、水産業が気仙沼にとって特に大切だからで、業界団体がお世話役になっているからです。
市の考えは以上の通りですが、私はもう少し柔軟に仮設住宅を活用すべきだと考えています。配慮も大切ですが、最大の課題である人口減少には移住者を歓迎しなければなりません。人が増えれば、復興も加速します。

【回答➁】仮設住宅の貸し出しは市に何度もお願いしているのですが、私の力不足で進展していません。本当に申し訳ありません。
ただ、担当課は「さまざまなケースがあるので相談には応じたい」と話しています。ダメ元でよければ、市社会福祉課☎0226-22-6600に連絡してみてください。
それから、仮設住宅の貸し出しを実現させるためには、どれくらいのニーズと効果があるか証明することが大切です。このような話があったことを、私からも市に伝え、臨機応変の対応を求めていきます。

※仮設住宅の空き室貸し出しについては、この後に進展があり、柔軟に対応することになりました。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*