仮設住宅の備品が譲与されます

本日の気仙沼市議会東日本大震災調査特別委員会で、仮設住宅の備品(エアコン、ガスコンロ、照明器具、物置、消火器、暖房便座、郵便受け、畳、暖房器具)は、6月1日から退去時に譲与されることが報告されました。
希望制です。ただし、エアコンの移設費などかかる経費は自己負担になります。
これから入ってくる応援職員分の空き室は、千厩などで確保しているそうです。被災者以外に空き室を貸すことを国が条件付きで認めましたが、いまのところは考えていないそうです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*